続イコライザー(EQ)/メルマガ作曲講座「完成編」

続イコライザー(EQ)


わくわく作曲先生♪トップページ作曲ノウハウ > 作曲87の法則 > 続イコライザー(EQ)



今回は音質を調整する「イコライザー(EQ)」の続きです。


イコライザーとは、周波数(音の高さ)ごとに音の強さを調節できるエフェクトです。

今回はイコライザーを少し詳しく紹介しましょう。



音質調整で注目するべき点は、大きく分けて「低音」「中音」「高音」です。

「低音」にはバスドラやベース、「中音」は声やコード楽器、

「高音」はハイハットやその他高い音があります。

これらを強調したり、押さえたりして音質を調整します。



イコライザーで良く用いられる言葉に「ブースト」「カット」という言葉がありますが

「ブースト」とはその帯域のレベルを上げること、逆に「カット」とは下げることです。



では実際にどうやるかというと、まずは狭い範囲をブーストして、

調整したい楽器が強調される周波数帯を見つけます。



例えばバスドラをもっと強調したいという場合には、まず低音音域でバスドラが

強調されるポイントを探して、その周波数帯をブーストします。

細かいことをいうとアタック音などが別の周波数帯(中音域など)に有ることも多いのですが、

難しくなるので今回は、その話は置いておきましょう。



その他の楽器もやり方は同じですね。

ブーストばかりしていると音量がどんどん上がっていくので、カットも有効に使いましょう。



例えば中音域をブーストすることと、高音域と低音域をカットすることは

ほぼ同じ効果が望めます。

どちらかというと、カット中心のイコライザー調整のほうが

バランスがとりやすいでしょうね。



イコライザーの使い方は人それぞれなので、

いろいろ試してみてください。



次回は、その他のエフェクトを紹介します。



→次を読む「ディレイへ」

→「作曲87の法則 」目次へ戻る

→わくわく作曲先生「トップページ 」へ戻る