ディレイ/メルマガ作曲講座「完成編」

ディレイ


わくわく作曲先生♪トップページ作曲ノウハウ > 作曲87の法則 > ディレイ



今回はエフェクトの一つ「ディレイ」を紹介しましょう。

「ディレイ」とはその名の通り、音を遅らせて発するエフェクトです。

やまびこのような効果ですね。



僕の小学生の時、遠足でよく「朝日山」という近くの山へ登りに行ったのですが

山に登ると必ずと言っていいほどやる「やっほ〜」というアレですね。



どれくらいの時間遅らせるかという値を「ディレイタイム」と言うのですが、

この「ディレイタイム」を調整することでいろいろな効果を作り出せます。



「ディレイタイム」を短くすれば音を太く聞こえるようにできるし、

長くすれば音に広がりが出てきます。

もっと長くすると原音を追いかける「輪唱(りんしょう)」のような効果も作り出せます。

「カエルの歌が〜♪」のような効果ですね。



輪唱効果を作るときはテンポに気を付けましょう。

自動的に調整してくれる物ならば良いのですが、輪唱の間隔とテンポがずれると

聞き苦しくなります。

リズムに合わせて輪唱することが望ましいですからね。



ちなみに「ディレイ」は、声や楽器一つ一つにかける場合がほとんどです。

特にヴォーカルには必須ですね。

ミックスし終わった曲全体にかけることは、ほぼありません。

何か特別な効果を狙うならば別ですけどね。



次回も引き続き、その他のエフェクトを紹介します。



→次を読む「リバーブ」へ

→「作曲87の法則 」目次へ戻る

→わくわく作曲先生「トップページ 」へ戻る