わくわく作曲先生HOME > DTM、作曲、レコーディングの豆知識 > 続・シンセで音づくりする際の基本(LFO)

続・シンセで音づくりする際の基本(LFO)

難易度3★★★☆☆
___________



今回は「続・シンセで音づくりする際の基本(LFO)」について書いてみます。


今回紹介するのは、「LFO」と呼ばれるパラメーターです。

簡単に言うと、「揺れ」を調整するものです。


たとえば、さりげない「揺れ」ならば

ビブラートがありますね。

「LFO」を使うことで、自然にビブラートがかかる音色を作ることが出来ます。


大げさな「揺れ」だと、

音が波打つような、大きな音色変化になります。

「UFO(ユーホー)」が飛んでいるような音色になります(笑)


「LFO」では、「波形、スピード、深さ」を調整できます。


・波形

波形とは、サイン波や矩形波などがあります。

基準となる波形を選ぶということですね。


・スピード

スピードとは、揺れる速さです。

周期と言っても良いでしょう。


・深さ

深さは、揺れ幅の大きさのことです。



「シンセサイザーで音づくりする際の基本」では、

「VCO」「VCF」「VCA」を紹介しました。


簡単に復習すると、

「VCO」は、音の波形や高さなどを調節するもの、

「VCF」は、不要な帯域の音をカットするフィルター、

「VCA」は、音量変化をコントロールするもの、です。


「LFO」は、この「VCO」「VCF」「VCA」それぞれに

変化を加えることも可能です。


「VCO」に「LFO」を使うと、ビブラートなど「音程の揺れ」、

「VCF」に「LFO」を使うと、ワウなどの「周波数の揺れ」、

「VCO」に「LFO」を使うと、トレモロなどの「音量の揺れ」、

を表現できます。


以上が、「LFO」の役割です。


今回は、アルファベット3文字の名前がたくさん出て来て、

難しかったかもしれませんね(^^;)






その後は、まぐまぐ時代にエンターテイメント部門1位を獲得した
メルマガ「秘密の音楽法♪」の最新版を、毎週お届けします。


購読は無料です。
今すぐご登録ください♪

メールアドレス入力欄


※メールアドレスが間違っていると届かないので、
正確にご記入ください。



こんにちは、作曲講座「わくわく作曲先生♪」の経営と講師をしているワイムです。

この7日間集中メール講座では、
作曲するなら「これだけは押さえておいてほしい」という基礎知識を
7日間でお伝えします。

Waim(ワイム)画像
4th-signal Music代表
森光美文(ワイム)




→わくわく作曲先生「作曲87の法則」へ戻る


わくわく作曲先生♪TOPページ講座内容体験受講受講生の声
よくある質問作曲ノウハウコミュニティ


Waimプロデュース
4th-signal MusicのTOPページ


Copyright(C) 2003-2014
4th-signal Music
All rights reserved
このサイト内の音楽、画像、文章の無断使用はご遠慮下さい。