わくわく作曲先生HOME > DTM、作曲、レコーディングの豆知識 > ループミュージックの作り方

ループミュージックの作り方

難易度3★★★☆☆
___________



今回は「ループミュージックの作り方」について書いてみましょう。


ループミュージックとは「繰り返し(ループ)」を多用した音楽です。

テクノなどのダンスミュージックによく使われますね。


ループミュージックは、同じフレーズを繰り返すことで、

リスナーを陶酔させるような音楽です。

ですが、単純に繰り返していても飽きるので、

やはり工夫が必要です。


コツとしては、いろんな楽器を「加える、抜く」ということを、

センス良くやることです。


たとえば、「4つ打ちのバスドラ」をループさせながら、

4小節毎にハイハットやハンドクラップを加えていき、

徐々に盛り上がるようにしていくパターンが有ります。


あるいは逆に、突然バスドラなどを抜く(消音する)という方法が有ります。

この場合、急にリズムがスカスカになるので、

良い意味でリスナーを裏切ることができます。


このように、リスナーの高揚感や陶酔感をコントロールしつつ、

飽きさせないように変化を付けることが大切です。


なお、ループミュージックは、MIDIデータを使うこともありますが、

オーディオデータ(波形データ)を使うことが多いです。

オーディオデータを切り貼りして

1曲作って行くという作り方ですね。


MIDIデータならば、自由に音程を調整できますが、

オーディオデータの場合は、MIDIデータ程の自由度は有りません。
(専用ソフトやサンプラーを使えば編集は可能ですが)

そのため、音程が関係ない、ドラム系や効果音のオーディオデータがよく使われます。


ですがもちろん、ギターやシンセなど、

音程のある楽器も使います。


音程のある楽器のオーディオデータを使う場合は、

ある程度の「スケールやコードのズレ」には目をつぶり、

グルーブ感(ノリ)を重視します。


たとえば、あるコード進行上で、

スケールをあまり気にせず、自由にギターのリフを入れたり、

ボーカルの1フレーズを入れたりしても面白いでしょう。


応用例としては、1音をさらに細かく切り貼りする方法もあります。

たとえば、ギターの「アタック部分、余韻部分」を分け、

別々に使っても面白いですね。


エフェクトを活用するのも効果的です。

ディレイを使って、グルーブ感を出しても良いでしょう。


このように、ループミュージックは、

かなり自由度が高い音楽です。

機会があればチャレンジしてみてくださいね(^◇^)ノ






その後は、まぐまぐ時代にエンターテイメント部門1位を獲得した
メルマガ「秘密の音楽法♪」の最新版を、毎週お届けします。


購読は無料です。
今すぐご登録ください♪

メールアドレス入力欄


※メールアドレスが間違っていると届かないので、
正確にご記入ください。



こんにちは、作曲講座「わくわく作曲先生♪」の経営と講師をしているワイムです。

この7日間集中メール講座では、
作曲するなら「これだけは押さえておいてほしい」という基礎知識を
7日間でお伝えします。

Waim(ワイム)画像
4th-signal Music代表
森光美文(ワイム)




→わくわく作曲先生「作曲87の法則」へ戻る


わくわく作曲先生♪TOPページ講座内容体験受講受講生の声
よくある質問作曲ノウハウコミュニティ


Waimプロデュース
4th-signal MusicのTOPページ


Copyright(C) 2003-2014
4th-signal Music
All rights reserved
このサイト内の音楽、画像、文章の無断使用はご遠慮下さい。