わくわく作曲先生HOME > 作曲87の法則 > チャーチモード4

【チャーチモード4】

〜メルマガ作曲講座「音楽理論編」〜


今回も「モード」です。
 
前回は「スケールが決まれば基本的なコードも決まってきます」ということを紹介しましたね。
今回は、残り(前回紹介しなかった)のスケールに当てはまるコードを確認しましょう。
 
それでは、前回の図を見ながら進めましょう。
→こちらの図を見て下さい。
 
 
●C-アイオニアン・スケール
「ルート(1度)、長3度、完全5度」の組み合わせなので「メジャーコード」。
 
●C-ドリアン・スケール
「ルート(1度)、短3度、完全5度」の組み合わせなので「マイナーコード」。
 
●C-フリジアン・スケール
「ルート(1度)、短3度、完全5度」の組み合わせなので「マイナーコード」。
 
●C-リディアン・スケール
「ルート(1度)、長3度、完全5度」の組み合わせなので「メジャーコード」。
 
●C-ミクソリディアン・スケール
「ルート(1度)、長3度、完全5度」の組み合わせなので「メジャーコード」。
 
●C-エオリアン・スケール
「ルート(1度)、短3度、完全5度」の組み合わせなので「マイナーコード」。
 
●C-ロクリアン・スケール
これは「ルート(1度)、短3度」ですが、5度が減5度ですね。
ですので「マイナーフラット5thコード」になります。
 
 
いかがですか?
そんなに難しくないですよね。
 
 
この理論を使えば、例えばメジャーコードを弾いたときに「ファ#」や「シb」の
メロディを使うという発想ができるようになります。
 
今までは「ドレミファソラシド」という限られた音階しか使えなかったことを思うと
かなりの飛躍ですよね。
 
 
 
では次回の宿題は「セブンスコード」にしましょう。
同じ要領で考えてみて下さい。
 
 
 





その後は、まぐまぐ時代にエンターテイメント部門1位を獲得した
メルマガ「秘密の音楽法♪」の最新版を、毎週お届けします。

このページの記事は、メルマガ「秘密の音楽法♪」の内容を抜粋したものです。

購読は無料です。今すぐご登録ください♪



メールアドレス:



※メールアドレスが間違っていると届かないので、正確にご記入ください。




→わくわく作曲先生「作曲87の法則」へ戻る


わくわく作曲先生♪TOPページ講座内容体験受講受講生の声
よくある質問作曲ノウハウコミュニティ


Waimプロデュース
4th-signal MusicのTOPページ


Copyright(C) 2003-2014
4th-signal Music
All rights reserved
このサイト内の音楽、画像、文章の無断使用はご遠慮下さい。