作曲理論を勉強する際、気を付けること

作曲理論を勉強する際、気を付けること


わくわく作曲先生♪トップページDTM、作曲、レコーディングの豆知識 > 作曲理論を勉強する際、気を付けること



今回は「作曲理論を勉強する際、気を付けること」について紹介します。


作曲を深く勉強している人や、

いろんな作曲本を読んだことがある人は分かると思いますが、

作曲理論には、武道で言う「流派」のようなものがあります。



つまり、作曲理論は1種類だけではないということです。



分かりやすい例を挙げると、

「クラシック音楽」の理論と、

「ポピュラー音楽(ポップス、ロック、ジャズなど)」の理論です。



「クラシック音楽」の理論で禁止されているテクニックが、

「ポピュラー音楽」では容認されていることが多いです。



容認というよりも、むしろ積極的に取り入れるように

勧めているものもありますね。

スムーズではないコード進行は、逆にロックっぽさを出します。

キレイとは言えないコードは、複雑な響きでジャズらしさを出します。



さらに細かく見ていくと、

ポップスやジャズの中だけでも「流派」は分かれます。



たとえば、key=Cのダイアトニックコードを考えてみましょう。

7度のコード「Bm7(-5)」を

ドミナントとして扱う「流派」もあれば、

サブドミナントとして扱う「流派」もあります。



スケールの例も挙げてみましょう。

「オルタードドリアン」というスケールを、

「スーパーロクリアン」と呼ぶ流派もあるし、

「ロクリアンナチュラル2」と呼ぶ流派もあります。



どれが正しくて、どれが間違っているということではありません。

どの作曲理論で学んでも、「作曲できる」という意味では、

武道の「流派」と同じですね。



ただ、ここで気を付けてほしいのは、

「混ぜると危険」ということです。

洗剤みたいですね(笑)



たくさんの本を読むことは大切なことですが、作曲の全体像を理解していないと、

「この本に書いてあることと、あの本に書いてあることが違う」という現象が起こり、

混乱する場合があります。

深い部分の理由を知らずに、表面的な判断をしてしまうということですね。



これを避けるには、「流派によって違いがある」ということを認識し、

使い分ける必要があります。



ただ、作曲を学び始めたばかりの人にとっては、

使い分けると言っても、難しいと思います。



そこで、オススメの対策としては、

自分が「この人だ」と思う著者を一人に絞り、

まずは、その著者が書いている本だけを深く勉強します。

こうすれば、混乱する可能性は無くなります。



あるいは、作曲を深く理解している先生に付いて、

作曲を学ぶということです。

(もちろん、僕でなくてもかまいません)



この時、「良い曲を書ける人」と「的確に教えられる人」は、

「必ずしも一致しない」ということにも気を付けてください。



良い曲を書けても、教えられるとは限りません。

「教える能力」は、また別のものですからね。

教えることを本職としている先生に教わりましょう。



以上のように、「流派によって違いがある」ということだけでも

知っておいてくださいね。


→「DTM、作曲、レコーディングの豆知識」のもくじへ戻る

→わくわく作曲先生「トップページ 」へ戻る



その後は、まぐまぐ時代にエンターテイメント部門1位を獲得した
メルマガ「秘密の音楽法♪」の最新版を、毎週お届けします。


購読は無料です。
今すぐご登録ください♪

メールアドレス入力欄


※メールアドレスが間違っていると届かないので、
正確にご記入ください。