キーボーディストがバンドで目立つ方法

キーボーディストがバンドで目立つ方法


わくわく作曲先生♪トップページDTM、作曲、レコーディングの豆知識 > キーボーディストがバンドで目立つ方法



今回は、「キーボーディストがバンドで目立つ方法」について書いてみます。


バンドの中で目立つのはやはり「ヴォーカル」です。

その次がギターでしょう。


一般的にキーボードは、やはり地味な印象があると思います。

今回は、僕がバンド時代に意識していた、

キーボーディストがバンドで目立つ方法を紹介します。


ですがもちろん、バンドのコンセプトによって変わると思うので、

必要に応じて取捨選択してください。


<B>1、立って演奏する</B>

キーボードは、立って演奏する人と

座って演奏する人がいます。


座っていると、ほとんど動きが無いので、

地味に見えます。

出来るだけ立って演奏しましょう。


この時、キーボードスタンドも、

(位置が)高いものを用意してください。

低い位置のキーボードを前かがみで弾くと、

あまり見栄えが良くないですからね。


<B>2、アクションを大きく</B>

立って演奏することにも関係しますが、

目立つにはやはり、アクションを大きくすることが大切です。


体を大きく揺らして、リズムにノッたり、

片方の手が空いている時には、その手で何か動きを付けても良いでしょう。


この時、自分が大きく動いているつもりでも、

お客さんから見ると、それほど動いていないように見えるものです。

大げさすぎると思うくらい動きましょう。


<B>3、下を向かない</B>

演奏中は、集中力が必要な個所以外は、

鍵盤を見ずに弾けるようにしておきましょう。


サポートメンバ−でない限り、

楽譜を見ながらの演奏は論外です。

勝手に手が動くくらい練習しておきましょう。


そして視線は、お客さんか、

メンバーに向けるようにします。

曲調によっては、鍵盤を見ていても良いですけどね。


<B>4、立ち位置</B>

バンド構成にもよりますが、

キーボードは、ステージの後ろ側に配置されることが多いです。

目立ちたい場合は、前に配置出来るように

メンバー間で話をしてみるのも良いでしょう。


<B>5、鍵盤で囲む</B>

できれば、鍵盤の数を多くし、

自分の周りを囲みます。

これだけで派手に見えますね。


キーボードが2台しか用意できない場合でも、

1台のスタンドに2台置くよりも、

2台のスタンドに1台ずつ置いて、

自分を囲むようにした方が良いでしょう。

そのほうが、先ほど書いた「アクションを大きく」につながります。


<B>6、派手な音色</B>

曲やバンドコンセプトにもよりますが、

ギターに負けないくらいの派手な音色を使い、

キーボードの存在を印象付けても良いでしょう。


可能であれば、シンセソロなどを取り入れても良いですね。


<B>7、ショルダーキーボード</B>

これは奥の手かもしれませんが、

ショルダーキーボードという、

ギターのように肩からぶら下げて弾く鍵盤を使うのも良いでしょう。


ショルダーキーボードがあれば、ギターと同じように、

ステージ上を自由に動き回れます。


ただし、中途半端に使うと、

逆にカッコ悪く見えます(^^;)

シンセソロなどの時に、自分が主役になるくらいの気持ちで使いましょう。


ちなみに僕は、こんなショルダーキーボードを使っていました。

⇒ <a href="http://www.4th-signal.com/site/shkey.html">http://www.4th-signal.com/site/shkey.html</a>


以上のことを意識してステージに立ってみてください。

ライブが楽しくなると思いますよ。


ですがくれぐれも、バンドメンバーと話合ってから

取り入れるようにしてくださいね。

独りよがりになると、バンドのバランスを崩すかもしれませんからね。


→「DTM、作曲、レコーディングの豆知識」のもくじへ戻る

→わくわく作曲先生「トップページ 」へ戻る



その後は、まぐまぐ時代にエンターテイメント部門1位を獲得した
メルマガ「秘密の音楽法♪」の最新版を、毎週お届けします。


購読は無料です。
今すぐご登録ください♪

メールアドレス入力欄


※メールアドレスが間違っていると届かないので、
正確にご記入ください。