レイヤーというテクニック活用法

レイヤーというテクニック活用法


わくわく作曲先生♪トップページDTM、作曲、レコーディングの豆知識 > レイヤーというテクニック活用法



今回は「レイヤーというテクニック活用法」について書いてみましょう。


レイヤーとは、一言で言うと、

「音を重ねるテクニック」です。


最も基本的なレイヤーのテクニックは、

2つ以上の音色で、同じフレーズを弾く方法です。


たとえば、ストリングス音色にバイオリン音色をうっすらと重ねると、

ストリングスに輪郭が出てくるような音になります。


ピアノ音色に、エレピの音を重ねると、

ツヤのあるピアノ音色になります。


音色を合成することが出来るシンセならば、

あらかじめレイヤーを使って、

音色を作っておくと便利です。


そうすれば、そういう音色の楽器として、

使うことができますからね。


音色を合成出来ないシンセならば、

DTMに打ち込む時に、

複数のトラックを使いましょう。


まずは「メインとなる音色のトラック」を作り、

コピペでトラックを複製します。

そして、複製したトラックの音色を変更しながら、

微調整しましょう。


この時、「複製したトラックの音色」は、

音量を少し抑えておくことがポイントです。

そのほうが、作りたい音色を表現しやすくなります。

隠し味のようなものですね。


なお、レイヤーは、

音色だけに使えるテクニックではありません。

ミキシングにも使えます。


たとえば、ヴォーカルをレコーディングします。

そして、先ほどと同じ要領で、ヴォーカルトラックをコピペし、

複製します。


複製したヴォーカルトラックのほうに、コンプを強めにかけ、

元のヴォーカルトラックと一緒に鳴らしてみましょう。

すると、芯のあるヴォーカルになります。


あるいは、ギターのトラックを複製し、

片方だけショートディレイをかけ、

元のトラックと、複製トラックのパンを左右に振り分けてみましょう。

面白い効果が得られます。


このように、レイヤーというテクニックを使えば、

いろんな応用が出来ます。

いろいろ試してみてくださいね(^◇^)ノ


→「DTM、作曲、レコーディングの豆知識」のもくじへ戻る

→わくわく作曲先生「トップページ 」へ戻る



その後は、まぐまぐ時代にエンターテイメント部門1位を獲得した
メルマガ「秘密の音楽法♪」の最新版を、毎週お届けします。


購読は無料です。
今すぐご登録ください♪

メールアドレス入力欄


※メールアドレスが間違っていると届かないので、
正確にご記入ください。