転調 コード進行/メルマガ作曲講座「作曲実践編」

転調 コード進行


わくわく作曲先生♪トップページ作曲ノウハウ > 作曲87の法則 > 転調 コード進行



今回は「転調」の実践編第4回です。

転調の理論についてはバックナンバーで解説しているので、
忘れた方は読み返してみましょう。


さて、今回は共通コードを使った転調のお話です。

まずは図をダウンロードして下さい。
→図を見る


図1のように、それぞれのkeyには7つのダイアトニック・コードがあります。
例えばkey=Cならば
「C,Dm,Em,F,G,Am,Bm(b5)」

key=Gならば
「G,Am,Bm,C,D,Em,F#m(b5)」

これはもうご存じですよね。


keyが違っても、共通のダイアトニック・コードがいくつか確認できると思います。
図1の赤いコードがそうです。

今回はこの共通コードに着目します。


例えば図1の「Am」はkey=Cにもkey=Gにもありますね。
このAmを接点として2つのkeyをつなげてみましょう。


図2を見て下さい。
うまくつながりましたね。
このように共通コードを通じて転調することができます。


この方法は共通コードが多いkeyほど自然な転調になり、少ないkeyでは劇的な転調になります。


では宿題です。
key=Cとkey=Fの共通コードを用いて、転調したコード進行を作ってみましょう。

次回、解答の一例を紹介しますね。

ではまた次回、おたのしみに〜 (^o^)/~~



→わくわく作曲先生「作曲87の法則 」目次へ戻る

→わくわく作曲先生「トップページ 」へ戻る